谷根千探訪

東京・谷根千界隈の古き良きおすすめの場所を紹介するブログです。

谷根千は出世の地と認定してもいいでしょうか。

f:id:mikazuki8:20190920081231j:plain

完全に私的な意見です。何の裏付けもないんですけどね。

ただただ個人の考察だということを最初にお伝えしておきます。ブログなんで当然なんですけども。

 

谷根千界隈に、「根津権現かいわい浪漫ちっくマップ」なるフリーペーパーが置いてあります。昨年か一昨年、根津神社でもらったのですが、最近ブログを書くようになってから見直してみたんです。

そこには根津神社を中心とした縦2.5km、横2kmほどのエリアに約100名近くの著名人の縁の地が、地図上に似顔絵つきで記されています。中には同じ人物が3回ほど登場したりしてるので、人の数としてはもう少し減りますが、それでも大変な人数です。

著名人だらけでぎゅうぎゅうです。

数えてみようとしました。でも何回かトライしたところで多すぎてよく分からなくなり、やめましたw

これだけ狭い地域にこれだけの人数の著名人が集まるなんて場所が他にありますでしょうか…!(あるかもしれませんね。あったらすみません。)ちょっとだけ下宿してたとか、短期間働いてたなんていうのも含まれているでしょうから、かき集めた部分もあるのかもしれませんが、これはもしやこの辺りは出世する土地なんでは?と思った次第です。

 

どんな人がいるのか、まずは代表的なところからいきます。

 

夏目漱石

日本を代表する文豪です。知らない人はいません。なんといっても千円札の顔ですから。マップには根津神社のすぐそばに「夏目漱石旧居跡」と書いてあります。イギリス留学から帰国したときに住んでいたそうです。その後「吾輩は猫である」や「坊ちゃん」を立て続けに発表しています。ちなみにこの夏目漱石の旧居跡は、漱石の住む10年前に鴎外が住んでいたそうです。今は日医大同窓会館になっています。なんかすごい場所です。

f:id:mikazuki8:20190926080758j:plain

住んでいた家はもうなく、石碑と奥に見える猫のオブジェがあるのみ。

 

森鴎外

先日のブログでもご紹介しましたが、千駄木の団子坂上に今も記念館があります。ここで鴎外は30年暮らしたんだそうです。

www.mikazuki8.net

「観潮楼」と呼ばれる住居で、ここで様々な名作が生まれたことになります。鴎外はたびたびここで歌会を開いたそうで、会には、石川啄木、斎藤茂吉、木下杢太郎などがきたそうです。そうそうたるメンバーです。この建物のわき道に「薮下通り」という通りがあって、鴎外の散歩道であり、永井荷風が「この道ほど興味ある処(ところ)はない」と親しんだそうです。

 

江戸川乱歩

著作で有名な「D坂の殺人事件」の"D坂"は千駄木の団子坂のこと。 この坂の途中で三人書房という書店を営んでいたがことあるそうです。乱歩はさまざまな職を転々としていたのでその中の一つと言えますが、ここにいた1年ほどの間に結婚しています。

森鴎外の観潮楼とこの団子坂の三人書房は目と鼻の先の場所で、どうやら同時期にすんでいたようです。

 

 

地図にはまだまだ載ってます。(順不同)

(作家)林芙美子下宿跡

(作家)川端康成居住跡(3か所発見)

(詩人)サトウハチロー旧居跡

(思想家)平塚らいてう「青鞜社」発祥の地

(作家)平林たい子居住跡

(詩人・彫刻家)高村光太郎・智恵子夫妻居住跡

(俳人)正岡子規居住跡

(作家)内田百閒居住跡

(作家)坪内逍遥ゆかりの大八幡楼跡

(物理学者、随筆家)寺田寅彦居住跡

(作家)今東光居住跡

(作家)樋口一葉居住桜木の宿跡

(作家)小泉八雲居住跡

(作家)佐藤春夫居住跡

 :

作家だけでもまだまだいます。少し離れたところに宮沢賢治や谷崎潤一郎、北原白秋や幸田露伴の名前も。「文豪の街」というキャッチフレーズに偽りなしです。

「文豪の街」…。この街には道路沿いに「文豪の街」と書かれた看板が点々と並び、文豪がたくさんいたことをアピールしています。すでに文豪の街ってことは言われてるんだよなあ。出世の地っていうのは違うのかなあと思いましたが、作家の森まゆみさんの著書の中に次のような文章を発見。

根津は上京した者が住む町、室生犀星、村山槐多、中里介山らが若く貧しいころに住んだ町だ。「文豪になる前の街」といった方がよいか。

ということはここに住んだ後に世に出たということになります。やっぱり出世の土地だ!

 

www.mikazuki8.net

 

気を取り直して、作家以外も探してみます。

 

(画家)村山槐多下宿跡

(画家)鏑木清方居住跡

(国語学者)金田一京助居住跡

(彫刻家)高村光雲邸跡

(作曲家)滝廉太郎居住跡

(日本画家)横山大観邸(現在は記念館)

 

近年で言うと、

(俳優)大滝秀治生育の地

(落語家)立川談志←マップには載ってませんでした。

 

多すぎて書ききれません。目についた方を書いているので、超有名な人も漏れていたりすると思います。画家や彫刻家など芸術家の方も多いですね。

マップをそのまま載せたらいいじゃないと思うのですが、著作権的なことを気にして掲載しておりません。-_-スミマセン。そういうわけで、冒頭の画像は手描きとなっています。

 

街歩きして建物とか残っていれば見てみたいなあと思うのですが、今は何も残っていないところの方が多く、夏目漱石の居住跡は猫のオブジェがあるくらい。ここなんだな、ということを確認することはできます。かつてこの地に誰が住んでいたとか知らないまま過ごしているので、このマップを見て「そうなの!?」と発見すること多数です。こんなマップを作ってくださった「品川海風塾」さんに感謝です。

 

なんでこんなに著名人が多いんでしょうか。近くに東大や東京藝大もありますし、自然と才能ある人が集まるんですかね。ただそれだけのことですかね。それよりはこの土地には何かある、っていう方が夢があっていいですね。

東京の中野や高円寺は芸人さんが数多く住んでいると聞きますが、生業を同じとする人が集まるということはあるんだと思います。仲間がいるということは心強いですしね。劇場とかライブハウスが多いというのも一因でしょうか。

先日「じゅん散歩」でも谷根千お隣の田端駅界隈が紹介されていて、あの辺りも1㎞四方圏内に100人の文士が住んでいたとか。やっぱり集まる場所ってあるんですね。東京藝大が近くにできたから芸術家たちが集まってきたと田端文士村記念館のHPに書いてありました。

 

そんなわけで、谷根千界隈に住んだ人に出世した人は多いぞ、ってことを長々と書いてみました。

 

あと、谷中霊園という大きな墓所があるのですが、ここにはたくさんの著名人が眠っています。古くは徳川慶喜から、阿部正弘、渋沢栄一、井上毅、鳩山一郎、立原道造などなど・・・

お墓ということで亡くなった後なので、出世とはちょっと関係ないなということで今回は入れませんでした。また別の機会に書ければと思います。

それではまた。