谷根千探訪

東京・谷根千界隈の古き良きおすすめの場所を紹介するブログです。

人生には本屋さんが必要です

f:id:mikazuki8:20190909084236j:plain


20歳を過ぎたころ、友人関係に悩んだとき、解決のヒントを求めて本屋に行きました。その時見つけた本にはずいぶん救われました。

25歳を過ぎたころ、仕事を続けるかどうか悩んで向かった先は本屋でした。

30歳を過ぎたころ、もっと仕事ができるようになりたいと思って足しげく本屋に行きました。そのたびにヒントがあったり答えがあったり何もなかったり。

思えば10代のころからずーっと本屋にお世話になってます。何かあると本屋に行く人ってどれくらいいるのでしょうか。

 

今はたいていのことがネットで検索できてしまいますが、生まれた時からネットがある世代ってどんな感じなんでしょう?本とか読むんでしょうか。芦田愛菜ちゃんはものすごい量の本を読むそうですが。今度本屋に行って調べてみます。

 

電車に乗っててふと目を上げると前の座席に並んだ7人くらいの人が全員下を向いてスマホを見てる時がありますが、ぎょっとします。そして自分もスマホ見てた!と思って意味なくがっかりしたりします。

 

谷根千からすぐ近く、神保町には古書街があります。いいですよね、古書街。ワクワクします。世界一の古書街だそうです。

 

谷根千にもそんなに多くはないですが個性的な本屋さんがあります。

 

往来堂書店

冒頭の写真は往来堂書店さん。根津駅と千駄木駅のちょうど中間あたりにあります。こちらは本屋さんの世界では名が知られているそうで、本の並べ方が革命的で「文脈棚」と呼ばれる並べ方をしているそうです。小さなお店なのですが、行くとたいていグッとくる本が見つかります。

往来堂書店

往来堂書店

不忍通り沿いの町の本屋さん


 

古書ほうろう

忘れてはならない古書ほうろうさん。千駄木で20年ほど営業されていましたが、今年5月に移転され、湯島と根津の間くらいの場所の裏通りになりました。移転後のお店は古い建物の雰囲気が素敵で、さすがのセンスだなあという感じです。多岐にわたるジャンルの古書を扱っていて、個人的には美術関連の本が充実しているのがうれしいです。時々音楽ライブなども開催されているようです。作家の森まゆみさんもよく売りに買いに千駄木時代に行っていたと先日買った本に書いてありました^◇^

ほうろうバザール | 古書ほうろう 東京大学池之端門前に移転しました。

 

ちなみにこちらのお店と親交があった谷中銀座商店街のはずれにあった古書信天翁さんは残念ながら今年閉店されてしまいました。

 

 

古書鮫の歯

こちらはおもしろいです!何しろ入り口がまず不思議。もともとお寺なんでしょうか?店主さんが自らいろいろ工作したとうかがいました。店内も本棚が自由においてあって、扱う書籍も様々で幅広いです。ついつい長居してしまう古書店です。谷中霊園の近く、日暮里駅が一番近く、西口から5分くらいで着きます。オープン時間は1時ごろから日暮れくらいまでというゆるさもいいです。

www.instagram.com

 

古書バンゴブックス

根津駅と千駄木駅の間のへび道と呼ばれるくねくねした裏道にある古書店です。雰囲気のある外観で広くはない店内ですが、ディープな感じの本が並んでいます。 

 

 

あおば堂

根津駅から言問通りを鶯谷方面に上って行ったところにあります。割と近年にオープンしていてまだ伺ったことはありません。イベントスペースなどもあってサロンのようにも使えるそうです。

aobadou.sakura.ne.jp

 

緑の本棚

あおば堂さんと反対側、根津駅から言問通りを東大方面に上って行った右側にあります。古書店とカフェが奥に併設されていて、植物と古書が一体となった面白い空間になっています。

midorinohondana.com

 

TSUBAME BOOKS

根津神社の大きな鳥居の目の前にある古書店です。お店の前に置いてある本はおっと思うようないい本が置いてあります。インスタの写真がプロっぽい(?)です。

www.instagram.com

 

ひるねこBOOKS

猫関連の本を中心に扱っていらっしゃるということで、なかなか足を向けられないのですが、こちらも個性的な本屋さんです。先日「じゅん散歩」で紹介されていました。根津駅から5分ちょっとの場所にあります。根津神社入り口前の信号を根津神社と反対側に行き、澤の屋という旅館を右に曲がるとすぐあります。

www.instagram.com

 

ブーザンゴ

古本と珈琲のお店です。いつも夜にオープンしている感じですが、オープン時間は不定だそうです。眠れぬ夜に家の近くにこんな本屋があったら・・・と思わずにはいられないお店です。千駄木駅の近く、不忍通り沿いのモスバーガーの向かいにあります。

ブックス&カフェ・ブーザンゴ

 

タナカホンヤ

根津駅から湯島方面への裏通りの道にある古書&ギャラリーのお店です。イベントなども積極的に開催している模様です。以前行ったときは移動販売のパン屋さんなども来ていたりして、ちょっと楽しい雰囲気でした。

タナカホンヤ

 

 

古書 OLD SCHOOL 

谷中3丁目にある小さな古本屋さんです。小さいですがワクワクする品ぞろえです。

比較的古書店が多い感じでしょうか。 個人的にはうれしいです。

 

 

古書木菟(みみずく)

上の「あおば堂」さんを通り過ぎ、カヤバコーヒーの交差点を左に曲がると、右手に交番、左手にお風呂屋さん(今はギャラリー)の交差点があるのでそこを左に曲がると雰囲気のある本屋さんが出現。お寺の中になじむようにたたずんでいます。営業は木→日曜だそうです。

f:id:mikazuki8:20190927201525j:plain

夕方に見るとまたいい雰囲気。

 

谷根千では年に1回春に不忍ブックストリート主催で一箱古本市が開催されています。段ボール一箱分の本を一般の参加者の方が店主さんとなって販売する日です。本屋さんを巡りながら散歩するというのを後押ししてくれる活動です。

不忍ブックストリート | 本と散歩の似合う街

 

私の人生には本屋さんが必要ですので、本屋さんがなくなってしまわないように、どんどん本を買っていこうと思います。断捨離反対!(よく分からない締めになってしまいました)