谷根千探訪

東京・谷根千界隈の古き良きおすすめの場所を紹介するブログです。

夏限定の楽園 不忍池の蓮の花

谷根千という言葉を初めて聞いたのは10年位前です。

そのころじわじわと人気が出ていたように思います。

 

谷根千という地名があるわけではなく、台東区にある谷中、文京区にある根津、千駄木の地名の頭文字を取って「やねせん」と呼ばれています。

 

このあたりは東京駅からすぐの場所にもかかわらず下町情緒あふれる街です。

東京駅近くの大手町駅から東京メトロ千代田線に乗って3駅目の根津駅で降りると、大都会から急に庶民的な感じになります。

 

昔ながらの下町が残されているのは、戦争の際に空襲をあまり受けなかったからだそうです。

街を歩くとずいぶんと年季の入った建物が目に留まります。

 

昔から続いているお店も多いですが、近年は若い人たちが古い建物を飲食店や雑貨屋さんなどに使っていて、個性的なお店をあちこちで見かけます。

その分というか、コンビニはすごく少ない気がします。

 

さてその根津駅から歩いて10分ほどのところにある不忍池(しのばずのいけ)に先日行ってきました。

ここは毎年夏になると行かなくちゃという気になります。

というのも、池一面に蓮の花が咲くのを見たいから。

 

今年はだいぶタイミングを逃して、もう終わりかけていましたが、まだちらほらときれいな桃色が見えました。観光スポットにもなっているので、外国人の方の姿もたくさん見えました。屋台なんかも出ています。

f:id:mikazuki8:20190819130940j:plain

だいぶ時期を過ぎて少なくなった蓮の花と蓮の花と奥に見えるのは弁財天。湯島のビル群をバックに。

 

弁天堂

弁天堂はもともと江戸初期の寛永年間に建てられたそうですが、昭和20年の空襲で焼失したため昭和33年に再建されたそうです。谷根千のあたりは空襲を免れましたが、この辺りは焼けてしまったのですね。

建立したのは天台宗東叡山寛永寺の天海大僧正という方。上野のこの辺り一帯は京都周辺の神社仏閣などに見立てて設計されているそうで、

不忍池は琵琶湖、

上野の寛永寺は京都の延暦寺、

聖天(しょうてん)が祀られた小さな島を竹生島(琵琶湖の島)

に見立てられたそうです。

不忍池 弁天堂

弁天堂をもう少し近くで違う角度から。

正面の方から弁天堂に行ってみると、何やらお祭りのような提灯がたくさん。

 

f:id:mikazuki8:20190819133503j:plain

老舗うなぎやさんや甘味処のほか、演歌歌手や落語家の方の名前も…

もうすぐ巳成金大祭なる行事があるらしく、いつもと違う感じになってました。

「巳成金大祭」ってなんだろう?と不忍池弁天堂のサイトを見てみましたら、

「巳成金」は、辯才天の化身で身体が巳(へび)の「宇賀神(うがじん)」という福の神にちなみ、暦の十二支「巳(み)」、中段(十二直)「成(なる)」、二十八宿「金(かね)」が合う日を、一年で一番金運に縁がある日とします。この日に金・銀・銭を紙に包んでおけば富むという故事のある、「実の成る金」の縁日なのです。 

とのこと。

ははぁ~、1年で1番金運に縁がある日!これはすごい。

ご開帳は1年のうち、この日だけだそう。ちなみに「みなるかね」と読むそうです。

今年の巳成金大祭は9/29だそうです。

bentendo.kaneiji.jp

f:id:mikazuki8:20190819140827j:plain

この日のベスポジ。来年は一面蓮の花の写真を撮りたいです。

 

谷根千に来たらちょっと足を延ばしてみるのもおすすめです。巳成金大祭は一体どれくらい混むんでしょうね!なにしろお金の話ですから・・・!

すぐ横には上野動物園もありますし、歩いて数分で上野駅です。美術館を巡るのもいいですね。上野は日本有数の美術館が集まる場所です。国立西洋美術館東京都美術館上野の森美術館国立科学博物館東京国立博物館東京藝大美術家黒田清輝記念館、、、すごい数です。いつ行っても何かしらやっています。

見る場所が多くて1日では足りないくらいかもしれません。

 

不忍池の場所はこちら