谷根千探訪

東京・谷根千界隈の古き良きおすすめの場所を紹介するブログです。

山手線の駅を見下ろせる神社

青空に杉の木が映える季節です。 この先1週間で貴重な晴れ間だという今日、谷根千散歩に出かけました。 どこに行こうかな~とぶらぶら歩いてるうちに、そうだ、久しぶりに諏方神社に行こう!と思いついて行ってきました。 諏方神社は荒川区西日暮里にある神…

谷根千のお祭りは中止になりました(涙)

台風19号が日本列島に向かって急カーブを描きながら近づいてくると連日テレビで放送されています。 千葉で大きな被害が出たばかりなので、私の周りもみな警戒しています。今日は湯船にお水を溜めて、ペットボトルにもお水を入れて、準備は万全にしておこうと…

いい感じのお煎餅屋さんといい感じの公園

ようやく寒くなってきました。 空が高いなあー。もう完全に秋です。秋が来たなと思ったらすぐに冬になってすぐに年末になって、あっという間に来年ですね。 今日は空気がひんやりしているので、2週間くらい前に買ったばかりのお気に入りのジャケットをさっ…

次々とお祭りが催される秋。今度は根津千駄木下町まつり・2019!

秋が来た!さわやかで、切なくて、鈴虫のなく季節。1年で1番好きな季節の到来。 と思ったのに10月に入っても30℃を超す東京。昼間は真夏のよう。でも湿度は低くて朝晩は涼しいのでやっぱり秋は感じます。 9月は2週連続で3連休があり、10月も3連休が1回ありま…

谷中は寺町。お寺の入口は格好いい

今日は谷根千の「谷」、谷中のお話です。 谷中は寺町と言われていて、歩いているとあちこちにお寺があります。どこの角を曲がってもどこを歩いてもお寺に遭遇するという感じです。その数は70数軒にもなり、「寺院の屋根の下に谷中の町がある」という表現があ…

パン屋さんのある街の風景

パン屋さん。こんなに生活に必要な〇〇屋さんが他にあるでしょうか。先日「人生には本屋さんが必要です」という記事を書きましたが、それ以上に必要なお店、それはパン屋さんです。 www.mikazuki8.net 街のパン屋さんの重要性というのは、思っている以上に大…

谷根千は出世の地と認定してもいいでしょうか。

完全に私的な意見です。何の裏付けもないんですけどね。 ただただ個人の考察だということを最初にお伝えしておきます。ブログなんで当然なんですけども。 谷根千界隈に、「根津権現かいわい浪漫ちっくマップ」なるフリーペーパーが置いてあります。昨年か一…

恥ずかしながら「舞姫」を読んだことがありません。

森鴎外記念館に行ってきました。 森鴎外。特に説明の必要もないですが、言わずと知れた明治、大正期の文豪です。小説家であり翻訳家でしたが、もとは軍医(お医者さん)だったそうです。1862年、島根県津和野の大名に使えるお医者さんの家系である森家の長男…

9/21、22は根津のお祭り

お祭り準備中の根津神社入り口 来週末は根津神社のお祭りです。 今年は3連休が2週連続なんですね。9/21と22がお祭りなので、次の日も休めて働く根津っ子たちにはうれしい連休です。 谷根千のことを書いていて根津神社は避けて通れません。ついに書く時が来ま…

人生には本屋さんが必要です

20歳を過ぎたころ、友人関係に悩んだとき、解決のヒントを求めて本屋に行きました。その時見つけた本にはずいぶん救われました。 25歳を過ぎたころ、仕事を続けるかどうか悩んで向かった先は本屋でした。 30歳を過ぎたころ、もっと仕事ができるようになりた…

東京の東と西について

本屋が好きです。 ずらっと並んだ本の棚を見ると、何か期待感が膨らみます。探している本が置いてあると嬉しいですし、探してない本と思わぬ出会いをしても嬉しいです。何か悩みがあると本屋に行きます。何も悩みがなくても本屋に行きます。本屋に行けばだい…

勇気を出して入ってみました。谷中の「繪所アラン・ウェスト」。

ずっと気になっていた場所がありました。いつもいつも前を通っては、今日は時間がないからとかなんだかんだ理由を付けて通り過ぎていました。気軽に入ってはいけない気がする、そんな場所でした。ですが、ついにその扉を開けました。 重厚感ある独特の雰囲気…

谷根千随一のパティスリー「イナムラショウゾウ」。上野桜木店は移転してました。

フランス菓子のお店「イナムラショウゾウ」に行ってきました。 裏路地にある有名パティスリー 「イナムラショウゾウ」 谷根千で洋菓子を売る店といえばここ、というくらい界隈では有名、というか個人的には全国的に有名だと思ってますがいかがでしょうか。 …

自然を求めて東京大学の中へ。三四郎池のほとりで和む。

先日弥生美術館・竹久夢二美術館に行ってきましたが、その帰りに三四郎池にも立ち寄りました。 www.mikazuki8.net 都会の中にあって自然そのままという感じの三四郎池 というのも、美術館から数分の場所にあるから。美術館を出てすぐの道の向かい側に東大の…

大正ロマン・竹久夢二・アンティーク「弥生美術館と竹久夢二美術館」へ。

先日、弥生美術館・竹久夢二美術館に行ってきました。 こちらは大正ロマンに浸れる美術館として密かな人気のある場所です。 弥生美術館は大正、昭和のころに活躍した挿絵画家・高畠華宵の作品を中心に明治・大正・昭和期の挿絵作品を展示しています。絵を見…

夏限定の楽園 不忍池の蓮の花

谷根千という言葉を初めて聞いたのは10年位前です。 そのころじわじわと人気が出ていたように思います。 谷根千という地名があるわけではなく、台東区にある谷中、文京区にある根津、千駄木の地名の頭文字を取って「やねせん」と呼ばれています。 このあたり…

谷根千の異空間「朝倉彫塑館」

東京の東側、上野駅から徒歩圏内のところに谷根千(やねせん)と呼ばれる エリアがあります。 古い家や商店などが並ぶ情緒あふれる街で、その下町風情たっぷりの雰囲気は、 年代が築き上げてきた味わい深さがあります。 東京駅から電車ですぐの場所ですが、…